スマホゲームをやめてよかったこと

約2年間やっていたスマホゲームのパワプロアプリをやめてよかったことをまとめます。



やめてよかったこと

時間に余裕ができた

スマホゲームは毎日強要されるものです。

ログインボーナスというものは例えるなら釣りのするためのエサみたいなもの。

これにより毎日やらされることになってしまい無駄な時間を消費することになってしまいました。

やめた後はその時間が戻ってきていろいろなことに使えるようになりました。

無駄なお金の消費がなくなった

スマホゲームは他のプレイヤーと競わせて課金させる仕様です。

基本無料とありますが無料でまともにできるゲームなんて存在しません。

これもやめたことでお金の消費が極端に減り他の好きなことに使えるようになりました。

イライラしなくなった

スマホゲームの中でもパワプロアプリはかなりイライラさせる仕様です。

最近だとイベントやゲーム仕様がユーザーに不利になるように意図的に改悪するようになりこれがきっかけでやめました。

今思うとイライラしてゲームしているのが馬鹿らしく感じます。

スマホにもやさしい

ゲームはスマホの中でも高負荷がかかるものです。

そのためゲームをしているとバッテリーの減りがかなり早くなってしまいます。

スマホのバッテリーは一定回数までしか耐えられないので買い替える周期が早くなってしまいお金がかかります。

やめるようになってからはバッテリーがあまり減ることもなく充電回数が激減しました。

次回以降のスマホは格安でもOK

スマホゲームをするには高性能なスマホでないとまともに遊べないので自然と高いスマホを買わざるを得なくなります。

ただスマホで動画を見たりネットをするだけなら2万円ぐらいのスマホでも十分です。

やらなくなった今は次回以降iPhoneなどの高いスマホである必要がなくなり出費が減ります。

家にいることが多いのであればiPad Proにするのもありかもしれません。

スマホゲームをやめるのはメリットしかない

スマホゲームはギャンブルと同じ

スマホゲームのガチャは競馬やパチンコなどのギャンブルと同じです。

ほとんど当たらない超低確率でしかもかなりの高額の出費になります。

コスパ以前にぼったくりです。

中毒性が高い

スマホゲームは中毒性が非常に高くなかなかやめられません。

その中毒性はギャンブルやタバコの並みかそれ以上のものです。

やらないに越したことはないです。

サービス終了したら水の泡

スマホゲームはサービス終了したら何も残りません。

最近はヒット作がほぼなくかなりの知名度の作品でもサービス終了になっています。

ガチャの結果で喜んでいる人がいるかもしれませんがそれはただのデータに過ぎないものです。

興味のない人から見たらただのゴミですがそもそもスマホゲーム自体がゴミみたいなものです。

やめて正解

パワプロアプリをやめてまだ1週間経っていませんがやめてよかったと思っています。

そもそもあんなものをやっていたこと自体が間違っていました。

スマホゲームはやらないに越したことはないです。